体に良いこと

タニタの体組成計(スマホ連動のインナースキャンデュアルRDシリーズ)が健康管理に役立ちます。

タニタの体組成計

タニタの体組成計 RDシリーズ

体重だけではなく、体脂肪率や内臓脂肪・筋肉量の測定など、身体の状態を正しく知ることが健康管理に役立ちます。

体組成計は種類がたくさんありますが、RDシリーズをオススメする理由として「筋質点数」が測定できるからです。

筋質点数とは「筋肉を筋繊維の状態まで分析し点数化したもの」です。

筋肉量は結果が出るまで3か月かかるといわれていますが、筋質点数であれば筋肉量よりも早く結果がわかります。

筋質点数をみて結果が良いとさらにモチベーションが高まり、運動を頑張る事が出来ます。

逆に、筋質点数が下がると「運動が足りない」と客観的に数値で警告をしてくれるので生活習慣を見直す事が出来ます。

BluetoothでiPhone・Androidスマートフォンに連携すると、身体の結果がアプリで表示されます。

Bluetooth

実際に体組成計を使ってみました

以前、私は右膝の手術をして車椅子生活になりました。全く右足を使わない生活を数か月間続けたので筋肉が弱ってしまいました。リハビリを自分なりに続けていましたが、すぐには見た目の変化が生じないので「運動の効果が出ているのか?」と不安になりました。体組成計で筋質点数を測定すると、リハビリの効果がわかるので、数字の変化が嬉しくなりリハビリに対する意欲が高まりました。

【入院中】

右足

右太ももの内側の筋肉(内側広筋・内転筋)が細くなりました。

【半年後】

3か月後

半年後には右太ももの内側の筋肉が太くなりました。

筋質点数や筋肉量のグラフも結果が出ています↓

【筋質点数】

筋質点数

【筋肉量】

筋肉量

 

【タニタ体組成計RDシリーズ】

体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・筋肉スコア・筋質点数・内臓脂肪レベル・推定骨量・体水分率・基礎代謝・体内年齢が測定でき、結果を分析してくれます。

すべてグラフで表示できるので変化がとてもわかりやすいです。

体組成計 体組成計

RDシリーズ


【RD-912 BL】今回使用している体組成計です。

 


【RD-800-BK】
「RD-912 BL」よりも機能が優れている体組成計です。全身と5つの部位ごと(左腕・右腕・左脚・右脚・体幹部)の脂肪率、筋肉量、筋肉スコアを測定します。左右の筋肉量の差や、腕と足の筋肉の付き方の差なども確認することができます。機能が優れているため、値段は「RD-912 BL」よりも高額です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
楽天ROOMも遊びに来てもらえると嬉しいです→楽天ROOM

運動
座ってできる足のリハビリ体操【車椅子の方も運動不足を解消】座ってできる足のリハビリ体操 【↓こんな方には座ってできる運動がオススメです↓】 ・脚を鍛えたいけれど、体重をかけると関...
お家
お家でレッスン!オンライン講座を紹介します【シニアの趣味探し】趣味探しは「心の健康」のために需要です 2020年7月31日 日本経済新聞「日本経済新聞 平均寿命更新」によると、 「2019年...
わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
ABOUT ME
わか子
若々しいココロとからだを保ち、最期まで自立した生活を過ごすため、①身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、②健康管理の豆知識、③こころの健康を保つ方法について紹介します。