ココロの栄養

年を重ねると性格が変わる【いい歳の取り方は?気をつけたい生活習慣】

こころの老化

こころの老化とは

その人らしい「個性」によって、それぞれが多種多様な性格をもっています。

それと同時に「子供らしさ」「高校生らしさ」「老人らしさ」というように、社会での役割や経験によって性格も変わります。

何も意識せずに年を重ねると、下記のような特徴がみられます。

【老齢期における性格の変化】

①頑固になりやすい

②自尊心が低下しやすい

①頑固になる

年を重ねるにつれて、性格が硬く頑固さが強まる(Botwinick,1973)といわれますが、必ずしも全員頑固になる訳ではありません。

頑固さなど好ましくない特徴が目立ってきた時、認知機能の低下や環境の変化のために、適応することが困難となり、元々本人がもっていた性格がより強くなった(先鋭化)ということです。

頑固になるのを予防する生活習慣に関しては、ブログの後半でご紹介いたします。

 

②自尊心が低下する

年を重ねるにつれて、下記のような沢山の喪失(ソウシツ:失う事)を経験します。
(参考:榎本博明,高齢者の心理

退職を経験 定年退職により仕事を辞めたり、役割を後継者に譲るなど、仕事を引退することで、社会的責任や地位の喪失を経験します。仕事を辞める事で経済力も低下します。長年にわたり仕事を生活の軸にしてきた者にとって、定年退職は大きな喪失体験であるといわれています。定年退職は、没頭してきた仕事を失い、肩書を失うだけでなく、毎日のように通う場所を失い、給与収入を失う事を意味します。
子どもの巣立ち 子育てを中心に生きていた人たちは、子どもの巣立ちによる役割の喪失を経験します。祖父母の役割をどのような形で引き受けるかは老年期の心理に大きく影響するといわれています。
身近な人の死

 

親しい友人の死、配偶者の死はこころに大きな負担をかけます。また、身近な人の死を経験することで、自分の寿命の長さも意識していきます。死別を経験することで生じる悲しみの回復方法について、このリンク先に詳しく記載していますので、お役に立てれば幸いです。)

他にも、加齢に伴って体力が衰える病気になりやすいといった特徴があります。

体の衰えや認知機能の衰えを痛感すると、行動範囲が狭まり人間関係も希薄になりやすい傾向があります。また、耳が聞こえにくくなると、人とのやりとりが煩わしいと思う方もいます。

人から世話を受けなければならない状況は、自尊心が低下しやすいので注意が必要です。

介護のない人生
介護のない人生をおくるコツ・すぐに取り組める方法【データをわかりやすく分析する】介護が必要となる原因は、脳血管疾患(脳卒中) 厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会が発表した健康日本21(第2次)の推進に関...

介護用品を使ったり環境を整える事で、介護を受けず動作が自立できるのであれば、積極的に道具を取り入れることをオススメします。その結果、ココロの健康も維持できるかと思います。

体の症状に合った介護用品便利グッズに関しては、こちらのブログ介護用品・便利グッズで紹介しています。

このような様々な喪失の状況に置かれて、自信をなくし絶望感にひたり、抑うつ状態になる方も多くいらっしゃいます。自信がなく、自分に価値を感じられず、焦燥感が強く、孤独感が強いといったマイナスの方向へ心理的変化が生じるのは当然の変化といえます。

しかし、一方で高齢になるにつれて、ゆったりとした落ち着きがあり、自己受容ができており、自他に寛容といったプラスの方向へ心理的変化が生じる場合もあります。

素敵な歳の取り方とは

頑固にならないため、自尊心が低下しないために意識することがいくつかあります。

年を重ねるにつれて安定を強く求めるようになり、新しいチャレンジの機会がなくなります。すると、自分の考えや記憶・経験のみで物事の判断をするため、少しでも意見が合わなければ、強い抵抗感を感じるようになります。

普段行かない場所へ出かける、没頭できる趣味をみつける、新しい知識新しい考え方を積極的に吸収するなど、意識的新しいチャレンジを取り入れることが大切です。

趣味の一環として、資格習得をチャレンジすることもオススメします。

・オンライン通信教育 ラーキャリ
自宅でカンタン資格取得なら【ラーキャリ】
栄養・料理、健康美容・スポーツ、ビジネス・趣味・実用、動物、お酒、心理学など多種多様な資格が習得できます。

・様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】
月額980円28講座の資格学習コンテンツが利用可能です。
(社会保険労務士、行政書士、宅建、ビジネス実務法務3級、FP3級、証券外務員二種、日商簿記3級、ITパスポート、秘書検定2級3級、サービス接遇検定準1級2級、登録販売者、販売士3級、衛生管理者、危険物乙4、マンションマエストロ検定、気象予報士、色彩検定2級、色彩検定3級、HSK3級、HSK2級、アロマテラピー検定1級2級、世界遺産検定3級、夜景検定2級3級、数学検定3級、きもの文化検定5・4級、誰でも簡単!ボールペン字講座、ワインソムリエ講座、中国語講座)

お家
お家でレッスン!オンライン講座を紹介します【シニアの趣味探し】趣味探しは「心の健康」のために需要です 2020年7月31日 日本経済新聞「日本経済新聞 平均寿命更新」によると、 「2019年...

・定年退職をされた方であっても、社会貢献につながる能力があります。シルバー人材への登録は新たな役割を発見するひとつの手段です。新たなプライベートの人間関係を作ったり、地域に根を下ろしていたりすることができます。

ボランティア活動によって愛他的精神の高揚や人間関係の広がり、人生への意欲喚起などの成果が得られることがわかっています。(妹尾・高木,2003)

人を助けることで得るもの
(ミドラースキー,1991)

①他者を助けると、困っている人を積極的に助ける自分自身の姿をみて、低下している自尊心が回復する

②人の役に立ったことにより、有意義な人生を送っているという充実感を味わい、やる気が生まれる

③援助を通じて他者とのつながりを実感できる

人のために役立ち、人から必要とされ、人に愛され、人から大切にされているという感情は、大変重要な意味をもっています。それは高齢者の「自信」と「所属感」を高め、存在価値を自覚できます。(参考:榎本博明,高齢者の心理

良い姿勢と悪い姿勢
良い姿勢と悪い姿勢【老化すると姿勢はどう変わる?気をつけることは何?】 【記事の内容】 ・姿勢の影響 ・良い姿勢とは? ・老化すると姿勢はどう変わる? ・気をつけることは? ...



わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
ABOUT ME
わか子
若々しいココロとからだを保ち、最期まで自立した生活を過ごすため、①身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、②健康管理の豆知識、③こころの健康を保つ方法について紹介します。