ココロの栄養

喧嘩を防ぐための心理学【相手の怒りを鎮めるコミュニケーション】

相手の怒りを鎮める方法

相手が怒る原因

相手が怒る原因として、①相手が自分の期待と違った行動をした、②自分のことを理解してくれないといった感情から怒りが生まれます。

価値観の違いや、意見のすれ違いは、喧嘩ではなく話し合いで解決するべきです。相手と衝突した時は、喧嘩に勝つのではなく、「折り合いをつけること」を目標にします。

正論で相手を打ち負かすよりも、結果的により理解し合える関係性を作ることが大切です。

今回は、相手の怒りを鎮める心理的コミュニケーションについて紹介します。

【記事の内容】

①自己主張の方法は3種類

②アサーティブになるにはDESC法

自己主張の方法

アメリカの心理学者のウォルピィは、人間関係における自己表現には3つのタイプがあるとしています。Wikipedia,アサーティブネス

①攻撃型(アグレッシブ)
②非主張型(ノンアサーティブ)
③主張と尊重(アサーティブ)

3つの自己表現の中で、一番理想的なタイプは「③主張と尊重(アサーティブ)」です。

①攻撃型(アグレッシブ)

攻撃型 攻撃型の人は、相手を論破することにこだわりを持ちます。自分が優位な立場に立つので、人に命令をしたり、相手を大声で怒鳴って威嚇します。

自身の意見を主張するのが得意で、相手の気持ちや意見を尊重できていません。

勝ち負けへの執着が強く、自分が一番であることにこだわります。

攻撃的な態度や発言は、相手の怒りを増幅させるので話し合いができません。

 

②非主張型(ノンアサーティブ)

非主張型 非主張型の人は、嫌われてしまう事を恐れます。揉め事が苦手なので、自分の意見を主張しません。

相手の気持ちや意見を考えることができますが、自分の気持ちを伝えることが苦手です。

相手を優先することが習慣になっているので、曖昧で遠回しな表現をします。すると相手に自分の感情が伝わらないので、さまざまな誤解が生じます。

誤解が積み重なると、「この人は私の気持ちを理解してくれない、私のことを分かってくれる人が他にいるはず。」と全て相手の責任にしてしまい、相手と深い関係性が築けません。自分にストレスがたまるので、心の健康も失います。

 

③主張と尊重(アサーティブ

主張と尊重 3つの自己表現の中で、一番理想的なタイプです。

相手を尊重しながら、自分の気持ちを上手に伝えることができます。

相手と意見がぶつかったときには、互いに意見を出し合い、双方が納得のいく結論を出します。対人関係においてトラブルが生じにくく、良好な人間関係を築くことができます。

 

アサーティブになるにはDESC法

相手を尊重しながら、自分の気持ちを上手に伝えることができるアサーティブなセリフ作りには法則があります。それぞれのポイントのイニシャルをとってDESC(デスク)法といいます。

①Describe
客観的な事実のみを示す。

②Explain
自分の気持ちを伝える。

③Specify
自分が何を求めているのかを相手に伝える(提案)。

④Choose
提案に対して相手が「Yes」といった場合と「No」といった場合の自身の行動を示す。

①Describe→②Explain→③Specifyと話を組み立て、相手に提案します。相手の返答に対して、④Choose(Yesの場合とNOの場合の行動)を示します。

「こういう事実があると(①Describe)、私はこのように考えて、こういった気持ちになります(②Explain)。なので、こうしてもらえませんか(③Specify)?」

「こうしてもらえると、こういう行動が出来ます。無理な場合はこのような行動になります(④Choose)」

謝罪の場合は「さっきは○○して(①Describe)、ごめんなさい(②Explain)。今度から〇〇に気をつけるから、許して(③Specify)。」

このように、DESC(デスク)法で会話を組み立てると、相手に配慮した状態で自分の気持ちを伝えることができます。互いに意見を出し合い、双方が納得のいく結論がでるので、実りのあるコミュニケーションになります。

自分の感情をコントロールする方法については下記のブログに詳しく記載しています↓

怒りのコントロール方法
【すぐ怒る性格を直す!】心理学で感情をコントロールする方法、イライラするときの対処法怒りをコントロール 怒りを我慢するのではなく、2 つの線引きが出来るようになるのが目標です。 ●怒る必要があること ...

 

わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。




ABOUT ME
わか子
【老化と向き合う!論文紹介】若々しいこころと身体を保ち、最期までしあわせに生きるための情報を発信!自立した生活を目指します。(1)身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、(2)健康管理の豆知識、(3)こころの健康を保つ方法について紹介します。