体に良いこと

見た目が若い人の特徴。目元のたるみは老け顔の原因【自宅で簡単に眼輪筋を鍛えるメディリフトアイ】

目の老化

目が衰えると老けて見える

「見た目が若い」「年齢の割に老けて見える」という会話は、よく聞かれる言葉です。

人の第一印象を決め、見た目年齢に最も影響を与えるのが「の老化」です。顔の老化は、見た目が老けて見える原因となります。

【年齢別の顔の老化】

30代 目じりのしわ、たるみ
40代 目じりのしわ、たるみ、シミ、皮脂量
アンチエイジングによって、見た目年齢に個人差がでます。

(参考:見た目年齢判断に影響する要因

目もとの老化

目もとの老化として、眼輪筋(ガンリンキン)の衰えが見た目に影響します。

目元
(図:ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社

目もとの皮膚の下には目の周囲全体をドーナツ状に覆っている眼輪筋が存在し、まぶたを閉じる働きがあります。

眼輪筋は眼球まわりにある脂肪を支えます。眼輪筋が衰えると、筋肉が薄く弱くなり、目の下にたるみが生じます。加齢により眼輪筋が薄く弱くなると、目袋(目の下にぷっくりとしたふくらみ)が発生します。
(参考:眼輪筋に着目した目もとの加齢変化のメカニズム解析

下の図は「老化による目のまわりの変化」を表した図になります。
(参考:大塚伸昭

眼輪筋

→正常
→眼輪筋が衰えている人

の図を見てみます。目の下にある眼輪筋が衰えて薄くなると、目の下の脂肪を支えられなくなり脂肪が前に突き出てくるのが分かります。これが目の下のたるみ目袋の原因です。

目の下のたるみや目袋などの加齢変化を予防・改善するには、眼輪筋の衰えを防ぐことが重要です。

 

下の図は、「眼輪筋の厚みを年齢別にMRIで測定した表」になります。

眼輪筋の厚さ
【眼輪筋の厚さ】
若年者→2.0㎜
高齢者→1.2~1.3㎜

若年者に比べて、高齢になると眼輪筋が薄くなるのがわかります。

眼輪筋が衰えると、目の周りの血行不良を引き起こすため、青クマの発生に繋がります。

 

眼輪筋を正しく鍛えることは簡単なことではありませんが、メディリフトアイは効率よく鍛えることができます。

リラックス目的だけではなく、本格的な目もとケアが可能です。

YA-MAN メディリフトアイ

目のまわりをコルセットのように支える「眼輪筋」を鍛えることができます。また、頭部とつないで引き上げる「側頭筋」をリフレッシュします。

1日10分間、使用するだけなので継続しやすい商品です。ハンドフリーなので、家事や雑用中など、何かしながら目のケアができます。

今回は顔の「上半分のたるみ」について説明しています。顔の「下半分のたるみ」については下記のブログに詳しく記載しています↓

魅力的な笑顔
魅力的な笑顔の特徴とは?素敵な年の重ね方【第一印象で好感度を上げる!性格と顔の関係】見た目は「生き方」を表す 元米国大統領のリンカーンの「40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て。」という言葉は有名です。どのような思考を...
わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。




ABOUT ME
わか子
【老化と向き合う】若々しいこころと身体を保ち、最期までしあわせに生きるための情報を発信!自立した生活を目指します。(1)身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、(2)健康管理の豆知識、(3)こころの健康を保つ方法について紹介します。