介護用品・便利グッズ

お薬の飲み忘れを防ぐ便利グッズ。【お薬カレンダーについて】

お薬飲み忘れ防止

お薬の飲み忘れを防ぐ「お薬カレンダー」について

慢性疾患をお持ちで、毎日お薬を服用していると、薬の「飲み忘れ」や「飲みすぎ」をしてしまった事もあるかと思います。

介助者が、1日1回服用するお薬を1日3回飲ませていた等の申し送りのミスや記憶違いで、問題が発生する事もよくあります。

問題を防ぐには、

①薬の一包化や印字をお願いする

②お薬カレンダーやケースを利用する

③服薬アラームを利用する

④お薬服用確認シートで記録をする等があります。

①薬の一包化や印字

●薬の一包化
薬の一包化とは、服用するタイミングが同じお薬を1袋にまとめる事です。主治医・薬剤師に相談することで簡単に一包化が出来ます。

 

●印字
一包化した袋には、患者さんの希望に応じて、飲むタイミング・日付・曜日などの印字をすることが出来ます。

②お薬カレンダーやケース

お薬カレンダーやケースには、1週間管理するタイプ2週間管理するタイプがあります。

 

お薬をセットする訪問看護師や訪問薬剤師・身内の方などの都合も考慮し、自分に合ったものを購入すると良いです。

1週間のお薬カレンダー

2週間のお薬カレンダー

1週間のお薬ケース

2週間のお薬ケース


持ち運べるお薬ケース1週間

お薬カレンダーやケースの側にデジタル時計を置いておくと、曜日を間違えにくくなります。

 

服薬アラームを利用する

ご自身の力で薬が飲める場合は、服薬アラームを使うと飲み忘れを防ぐ事ができます。

 

お薬服用確認シート

お薬服用確認シートを使い、服薬介助をした場合はスタッフの名前を記入したり、をつけたりするとわかりやすいです。

インターネットで検索するとお薬服用確認シートの見本が出てきます。

転倒を防ぐ部屋
転倒を防ぐ部屋づくり【低予算で簡単な環境整備】低予算で簡単!転倒を防ぐ部屋づくり 転倒を防ぐために住宅改修しようと考えると、次の2種類があります。 ①介護保険を利用しての...
座りながら足のリハビリ
座ってできる足のリハビリ体操【車椅子の方も運動不足を解消】座ってできる足のリハビリ体操 【↓こんな方には座ってできる運動がオススメです↓】 ・脚を鍛えたいけれど、体重をかけると関...
わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。




ABOUT ME
わか子
【老化と向き合う!論文紹介】若々しいこころと身体を保ち、最期までしあわせに生きるための情報を発信!自立した生活を目指します。(1)身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、(2)健康管理の豆知識、(3)こころの健康を保つ方法について紹介します。