介護用品・便利グッズ

鍵のシェアに必要なキーボックスについて。【高齢者の安否確認】

キーボックス

高齢者の安否確認、鍵の保管方法

ご高齢の方は、

①寝たきりで玄関まで歩けない

②耳が遠くてインターフォンに気が付かない

③認知症で鍵の開け閉めが大変

④玄関まで歩くのに時間がかかる

⑤急いで歩くと転倒するリスクがある

⑥自宅で倒れている可能性がある

上記の理由で、扉の開け閉めに困った事があるかと思います。

また、ヘルパー・看護師・リハビリ士・ケアマネ・デイサービスの送迎などと色々な事業所と契約をしていると、鍵の管理が大変です。

職員が「自宅から直接訪問する仕組み」の事業所もあるため、鍵の預かりをお断りしている可能性があります。

そのため、「キーボックス」を使って鍵の管理をするのが一般的です。

キーボックス

・南京鍵

・壁付型

キーボックスの種類は上記の2択になるかと思います。
ネットかホームセンターで購入します。


↑南京錠


↑壁付型

キーボックスの設置場所

ドアノブやフェンスに設置するのが一般的です。

しかし防犯上の問題があるため、下記のようにキーボックスを隠す方法もあります。

・郵便受けの中

・傘立ての中

・パイプスペース(上下水道・ガス管の収納場所)

 

セキュリティを強化するためには

キーボックスに4桁の番号を登録して、キーボックスの中の鍵を取り出します。

例:0879、8967、8756など

セキュリティの強化のために重要なことは

退出時にキーボックスの番号を揃えてもらう事です。

例:0000、1111、2222

わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。




ABOUT ME
わか子
【老化と向き合う!論文紹介】若々しいこころと身体を保ち、最期までしあわせに生きるための情報を発信!自立した生活を目指します。(1)身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、(2)健康管理の豆知識、(3)こころの健康を保つ方法について紹介します。