ココロの栄養

結婚した方が幸せ?【結婚相手を見つけるには?幸せな結婚生活を維持するコツ】

結婚生活

結婚すると幸せになれるのか

時代の流れとともに、結婚に対する価値観も変化しています。戦後すぐは、20歳を越えれば結婚して子供を産み、家庭を作るのが当たり前でした。昔と違い、現在は結婚したい人が結婚することとなっています。

生涯独身の方や・離婚によっておひとり様の方もたくさんいらっしゃいます。「結婚=幸せ」は本当なのかを考えていきます。

下の図は、「人生の満足度と結婚の有無を比較」したものになります。
幸福度

縦軸は「人生の満足度」、横軸は「年齢」になります。が独身者、が既婚者を示しており、折れ線がに行くほど、人生の満足度が高いと意味します。この図を見ると、ほぼすべての年齢で独身よりも結婚した方が人生の満足度が高いと分かります(80代は除く)。(参考:How’s Life at Home? New Evidence on Marriage and the Set Point for Happiness)


下の図は、「日本の年代別の幸福度を、結婚の有無で比較」したものです。

日本 幸福度

全ての年齢層において未婚者よりも既婚者のほうが幸福度が高いことがわかります。(参考:亀坂安紀子,ライフステージの変化と男女の幸福度,行動経済学 第3巻(2010)183-186



次は、日本に「離婚する人」がどれくらいいるのかをみていきます。

離婚率

グラフが徐々に右上がりなので、昔に比べると離婚も身近な話題であることがわかります。厚生労働省が2019年に発表した日本の最新の離婚率は約38.3%です。
(参考:厚生労働省,離婚の年次推移

結婚すれば幸せになれるのではなく、自分に合った相手を選んだり、結婚生活が長く続くようにお互い努力することが必要です。

最良の友」のような配偶者がいると、そうでない人と比べて人生の満足度が約2倍高いといわれています。
(参考:How’s Life at Home? New Evidence on Marriage and the Set Point for Happiness)



大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】

未婚の人が増えている

下の図は「生涯未婚率の推移」を表しています。

生涯未婚率

1970 年代後半から男女で未婚率が急上昇しており、2005年には30歳代前半の男性でも未婚率が5割、20歳代後半の女性の未婚率も約6割であるといわれています。
(参考:小林盾,婚活における結婚の規定要因はなにか,2016

【未婚化の主な要因】
若年層における非正規雇用の増加や正規雇用者も含めた収入の伸び悩み
その一方で男性側に生計を維持するだけの収入を求める意識が残ることによる結婚市場のミスマッチ
見合いや職縁結婚が減少し、男女の出会いの場が減少したこと
未婚者が親と同居して経済的に親に依存していること
(参考:松田 茂樹:第 3 部 調査結果の解説 ,第一生命経済研究所)

夫婦の形は千差万別ですが、結婚後の収入源を相手に依存する姿勢では、相手方に負担がかかることがわかります(①②④)。

③「見合いや職縁結婚が減少し、男女の出会いの場が減少したこと」に関しては下記の図が勉強になります。(参考:小林盾,婚活における結婚の規定要因はなにか,2016

出会い

こちらは「結婚の出会い方」を示した図になります。昔は見合い結婚が当たり前であったのに対し、現在は恋愛結婚がメインになっています。結婚相手との出会い方が、見合いから恋愛へと変化し、1960年代は恋愛結婚が見合いを上回ります。その結果、2010年では結婚のうち88.0%が恋愛結婚となり、恋愛結婚化が進んでいます。

近年、縁があるにも関わらず相手の気持ちがわからなければ、告白することができないといった草食的傾向がある人が増えています(高橋,2010)
その経過もあり、恋愛から結婚へ移行する機会も減っていることがわかります。

恋愛結婚化にともない、現代では結婚のために「婚活」が必要です。

婚活とは、「結婚活動」の略であり、よりよい結婚を目指して、見合い・合コン・自分磨きなどを行うことと定義されています(山田・白河 2008: 3)

結婚相手を見つけるには?

結婚相手として求めるものは、男女で違ってきます。

男性では「経済力」と「コミュニケーション能力」が魅力的であるといわれています。(山田・白河 2008: 104)

女性では特にそうした明確な条件はなく、運の要素が大きいと研究結果が出ています。そのため、女性は出会いの機会を増やすことが大切だといっています。(山田・白河 2008: 108-9)

婚活スタート年齢の平均が男性 41.4 歳、女性 37歳です。もし 10 年早くそれぞれ30代、20代でスタートできれば、結婚にいたる可能性は男性 1.60倍、女性 1.82倍と大きくアップするといわれています。(参考:小林盾,婚活における結婚の規定要因はなにか,2016

結婚を望むのであれば、婚活を 1 年でも早くスタートすることが大切です。

たとえ結婚に結びつかなくても、恋愛には意味があります。

初婚前の恋人人数、デート人数、キス人数、性関係人数が0人から1人になると、結婚のチャンスが倍前後へ上昇しています。(小林・大﨑,2016)

恋愛経験は、結婚にプラスの影響を与えます。

幸せな結婚生活を維持するコツ

結婚生活

(参考:松田 茂樹:第 3 部 調査結果の解説 ,第一生命経済研究所

こちらは、「結婚生活を円滑に送る上で大切なこと」を調査した結果になります。

【結婚生活で大切なこと】

①夫または妻に対して誠実であること
②十分な収入があること
③家事・育児を分担しあうこと

これらのポイントが重要視されます。

結婚相手を探しているときは、結婚することだったり、結婚式を挙げることが目的になってしまいがちです。

結婚がしあわせのゴールではなく、過程であることをしっかりと認識し、お互いが認め合って励まし合い、支えあいたいですね。



大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】

幸せに生きるコツ
幸せを感じやすい人の特徴【年齢別・男女別の価値観の違い,幸せに生きるコツ】 【記事の内容】 ・幸せの判断基準の違い ・幸せに感じる条件 (1)健康(生活習慣の違い) (2)家族、友...
わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
わか子
若々しいココロとからだを保ち、最期まで自立した生活を過ごすため、①身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、②健康管理の豆知識、③こころの健康を保つ方法について紹介します。