体に良いこと

歩く習慣は健康維持に大切。何歩,歩けばいい?【予防医学・健康寿命を意識する】

歩く習慣

認知症や寝たきりを予防するには運動が大切です

健康日本21

参考:身体活動・運動を通じた健康増進のための 厚生労働省の取組み

平成30年9月27日に発表された厚生労働省のデータを見ると、喫煙・高血圧・運動不足が死亡原因に大きな影響があるとわかります。

病気にかかるリスクを抑え、介護が必要な期間をできる限り短くすることで、老後の生活を思う存分楽しむことができます。これは予防医学の考え方で、寿命(平均寿命)を延ばすだけでなく、健康に生活できる期間(健康寿命)を延ばすことが重要です。

平均寿命と健康寿命

(参考:厚生労働省,平均寿命と健康寿命をみる

健康寿命と実際の寿命の差を縮める

生活習慣病は日常生活のあり方と深く関連しているため、運動習慣の定着・食生活の改善など健康的に過ごすことが大切です。普段から健康状態や生活習慣に気を使い、病気の予防に努めましょう。

歩く習慣を定着させましょう

厚生労働省の身体活動・運動を通じた健康増進のための 厚生労働省の取組みを見ると、

65歳以上の方が実際に歩いている歩数の平均は男性5,628歩・女性4,584歩であるとわかります。64歳以下の方が実際に歩いている歩数は男性7,841歩・女性6,883歩です。

歩数

1日1500歩増加すると、NCD発症死亡リスクが約2%減少し、血圧1.5mmHg減少につながると発表しています。

NCDとは:喫煙、不健康な食事や運動不足、過度の飲酒などにより引き起こされる、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患・メンタルヘルスをはじめとする慢性疾患をまとめて総称したものです。

そのため、厚生労働省が健康寿命を延ばすために、歩数の目標を発表しました↓

65歳以上の方は平均より1日1500歩追加した男性7,000歩・女性6,000歩を歩数の目標としましょう。

65歳以上が実際に歩いている歩数

男性 5,628歩
女性 4,584歩

65歳以上の歩数の目標

男性 7,000歩
女性 6,000歩

64歳以下が実際に歩いている歩数

男性 7,841歩
女性 6,883歩

20歳~64歳の歩数の目標

男性 9,000歩 
女性 8,500歩

どれぐらい歩いたのか客観的に知るため、万歩計を使うことをオススメします。

万歩計


カバンやポケットに入れて万歩計を持ち歩きます。タニタの万歩計であれば、体組成計と連動することができます。歩いた結果、体重や筋肉量・体脂肪率・筋質点数がどう変化したのかフィードバックが受けられます。体組成計に関しては下記のブログ『タニタの体組成計(スマホ連動のインナースキャンデュアルRDシリーズ)が健康管理に役立ちます。』をご覧ください↓↓

タニタの体組成計
タニタの体組成計(スマホ連動のインナースキャンデュアルRDシリーズ)が健康管理に役立ちます。タニタの体組成計 RDシリーズ 体重だけではなく、体脂肪率や内臓脂肪・筋肉量の測定など、身体の状態を正しく知ることが健康管理に役立ちま...


万歩計が付いている時計(スマートウォッチ)です。この商品にはスマートフォンが必要で、ガラケーには使用できません。万歩計・心拍計・睡眠・カロリーなどの機能を揃う上に、ランニング・トレッドミル・フィットネス・バイキング・山登り・ヨガ・ウォーキング・ハイキング・ダイナミックという9種類の運動モードもついています。

着信・LINE・SMS・Twitter・Facebook・Instagramなどの通知は、バイブレーションで通知できます。


カバンやポケットに入れて 万歩計を持ち歩きます。シンプルな機能でわかりやすく、お手頃価格で購入できます。

スマホアプリ

スマホアプリ シンプル歩数計

スマホアプリでオススメな万歩計は「シンプル歩数計」になります。

スマホに不慣れな高齢者は、機能が沢山ついている万歩計アプリであると、操作が分かりにくく使うのが嫌になってしまう事があります。「シンプル歩数計」は万歩計の機能のみなので、操作が簡単で分かりやすいです。

【特徴】

・見やすい

・ボタンの位置がわかりやすい

・シンプルで使いやすい

・操作が簡単

万歩計 万歩計2
歩数

 

運動
座ってできる足のリハビリ体操【車椅子の方も運動不足を解消】座ってできる足のリハビリ体操 【↓こんな方には座ってできる運動がオススメです↓】 ・脚を鍛えたいけれど、体重をかけると関...



わか子
わか子
わかわか生活わか子です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
ABOUT ME
わか子
若々しいココロとからだを保ち、最期まで自立した生活を過ごすため、①身体の悩みに合わせたアイテムの紹介、②健康管理の豆知識、③こころの健康を保つ方法について紹介します。